航空券のキャンセルを無くすための心構え

航空券をキャンセルすれば、払戻手数料がかかります。ジェットスターの場合は、航空券をキャンセルするにあたっての払戻手数料として、3,000円程度がかかるようです。ほかの航空会社も、一般航空会社、格安航空会社に限らず、それくらいの手数料がかかってしまいます。その手数料は、大変無駄なのではないでしょうか。乗るわけでもなく、ただ乗るはずだった飛行機に乗らないがために、キャンセルの払戻手数料として、3,000円程度を持っていかれるのです。

とても頭にくるものですが、しかたがありません。決められていることですし、ホームページなどにも、「航空券を購入した後にキャンセルする場合には払戻手数料がかかります。ご了承ください。」と言ったような記述がされています。また、航空券などにも、「購入後のキャンセルには払戻手数料がかかります」と言った旨の記述がされているかもしれません。

決められている以上、「キャンセル=払い戻しはできるけれど、払戻手数料がかかってしまう」と言った認識をしておかなければいけません。
急用などは免れないため、そのような状況でのキャンセルは、避けることができないでしょう。
しかし、スケジューリングが曖昧であったために、搭乗時刻に予定が入ってしまい、結果として飛行機に乗ることができなくなったというような場面は、避けることができるのかもしれません。

例えば、フライトの予定は、スケジュールのなかでも特に目立つようにしておけば、フライトと新たな予定を誤って重複することは大分に避けられることでしょう。また、絶対に断れないような予定が入る可能性がある時刻の航空券はすぐには購入しないでおいて、確実に予定を把握できてから購入を進めるといった手も有効です。
「そんなことしたら飛行機が満席になってしまいますよ」と言った声も聞こえそうです。しかし、予約をしてから、購入をするまでに、時間の猶予があるはずです。つまり、予約をした後の、購入期限以内であれば、その席に座る権利を持っていることになるのです。予約をしたら、すぐに航空券を手に入れたい気持ちもわかります。しかし、確実に予定を把握できるまでは、購入を待つようにして、極力キャンセルになる状況を避けるほうが、よいといえます。